オルリファスト通販でつらい食事制限をしないダイエット術

太っている女子日本人は世界の水準と比べて、比較的に痩せ型の人口が多い国家であると報告されています

近年、日本人の食生活の欧米化は順調に進んでいるといえます。

食生活の欧米化は、確実にわたし達の体に影響を与えてきました。

もちろん、そのすべてが悪影響だとは言い切れません。

しかし、脂を多く含んだ欧米食に魅了され、肥満の人生を歩む日本人が格段に増えたことは事実です。

おそらく数年後、日本の痩せ型人口と肥満人口の逆転は避けられない未来になるでしょう。

そして、いくら全体的に痩せ型の人口が多い国だといわれていても、鏡に映る自分自身が肥満であればそんな統計結果は関係ありません

痩せたい痩せたいと思っている人の中には、これまでの人生において何度もダイエットに挑み、望み通りの結果を得られなかった“ダイエッター”の方も多いはず。

大げさではなく、ダイエッターにとって人生とダイエットは切り離せない関係なのです。

多くの人(特に女性)は無意識にダイエットを意識して生きているように感じます。

メニューに悩んだ時はできるだけヘルシーに見えるものを選んだり、夜遅くに何か食べるときに罪の意識を覚えたりしたことはありませんか?

ダイエッターの苦悩

ダイエット中の女性日々、さまざまなダイエット術が考案され、流行りを見せてはそっと忘れられていきます。

多くのダイエット術は目に見える効果が出づらく、多くの人が効果を実感できないままダイエットを断念してしまい、結果としてダイエット術が廃れていってしまうのです。

さまざまなダイエット術が考案されてはいますが、ダイエットの基本となるのは適度な運動です。

普段から運動をしていない人や、体を動かすことが苦手な人にとって、適度な運動を日常に取り入れるのはけっこう気が重くなりそうな行為です。

しかし、続けることで体重の変化が表れ始めたら、運動のモチベーションはグンと上がるのではないでしょうか?

そして、適度な運動とともに重要なのが食生活の見直しです。

肥満の肉体は、これまでの食生活の積み重ねにより作り上げられたといってもいいでしょう。

痩せるためには、これまでの食生活の中から肥満の“素”になった要素を見つけ出し、食事制限をする必要があります。

大好きな食事を制限されるのは、ストレス以外の何物にもなりません。

また、ストレス解消のために食事量が増え、リバウンドを引き起こす恐れもあります。

ここがダイエッターにとっての最大の苦行ではないかと思います。

では、厳しい食事制限を除外してもダイエット成功する方法があるとすれば、あなたはどうしますか?

食事制限でくじけないための協力者、『オルリファスト』の力をぜひ知っていってください!

オルリファストはジェネリック医薬品

薬のイメージオルリファストはLloyd Laboratories社から製造・販売されているダイエット薬です。

オルリファストは世界で安全性を認められた『ゼニカル』というダイエット薬のジェネリック医薬品にあたります。

ジェネリック医薬品は日本の病院でも処方されることが増えましたが、結局のところ何物なのか知られていないことも多いでしょう。

新薬が開発されるまでの道のりには、たくさんの時間とコストがかけられています。

新薬を開発した会社が開発コストを回収し利益を上げる為、一時的に独占販売を行えるように権利が与えられます。

この権利が特許制度と呼ばれるもので、特許期間中は他の製薬会社が同様の成分を用いて薬を製造・販売することができません。そのため、開発した製薬会社はコスト回収を行い利益を上げられるように、少し高めの価格設定を行い薬を販売します。

高めに設定するのはいかがなものかと思いますが、製薬会社が次に新たな医薬品開発を行うために必要な制度となっています。

特許が切れると、新薬と同じ成分を配合し新薬より安価で販売できる医薬品が開発されます。

これがジェネリック医薬品です。

そのため、オルリファストの含んでいる成分や効能は新薬であるゼニカルと同じものです。

同じ成分で作られている医薬品が、違う価格で設定されているなら、よりお得な方を選びたいと思うのは当然ですよね。

さあ、そんなお得なオルリファストの効能を詳しく紹介します。

オルリファスト、その効果とは

オルリファストの効果を知るためには最初に人が太るメカニズム理解しておく必要があります

人の持つエネルギーには、

・食事により体内に取り入れられる『摂取エネルギー』
・運動や毎日の生活の中で消費する『消費エネルギー』

があります。

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ったとき、余った摂取エネルギーは体内で分解され、脂肪細胞に蓄積されます

これを繰り返すことで脂肪細胞は肥大し、結果として太ってしまうのです。

このメカニズムを食い止めるには、摂取エネルギーを抑え消費エネルギーを増加させるしかありません。

摂取エネルギーを抑制するオルリファスト

ダイエット成功した女性オルリファストの効能は、摂取エネルギー量の抑制に作用するものです。

体内には『リパーゼ』という消化酵素があります。

オルリファストに含まれる主成分『オルリスタット』はこのリパーゼに働きかけ、脂肪分の分解を抑えます。

すると、分解されなかった脂肪は吸収されず、体の外に排出されます。

具体的にいえば、分解されなかった脂肪分は油となり、便といっしょになってお尻から出ていくようになります。

この作用により、本来なら摂取エネルギーとなる脂質は体内に吸収されること無く体外へとそのまま排出されます。

タンパク質や炭水化物には効果を発揮できませんが、特に脂っこい食事を好む人には非常に有効な効果となるでしょう。当然、摂取エネルギーとなる脂質がそのままカットされることで、摂取エネルギーが抑制され、体重の増加が抑えられます。

さらに、適度な運動をして消費エネルギーを増加させれば、消費エネルギーが摂取エネルギーを上回りダイエットの経過はより順調になるでしょう。

効果が出れば運動のモチベーションは上がり、食事制限のストレスも無しに過ごせるはずです。

 

オルリファストを使用した人のクチコミ

Aさんの場合

女性のイメージ病院でゼニカルを処方されました。効果はともかく値段の高さにびっくり。

海外の薬なんてどれもそれぐらいするのだろうなと思うことにしましたが、一箱飲み終わったらもう終わりにしようと思いました。

これなら、おうちでできるダイエット方法を一人でこなした方がマシだと判断したからです。

でも飽きっぽい私にそんな方法が続くわけもなく、ゼニカルでわずかに痩せた体重が元に戻ってきた頃、オルリファストの存在を知りました。

私がゼニカルを続けられなかった最大の理由は、値段の問題。つまり、オルリファストなら続けられるかもしれない!

予想は当たって、今オルリファストを飲んで早3ヶ月目です。この3ヶ月で7キロの減量に成功しました。

 

Oさんの場合

女性のイメージ人生最大の体重の記録を更新してしまい、どうしたものか悩んでいました。

半年前からバレーボールを始めたので、筋肉の重さかなあと現実から目を逸らしてましたが(苦笑)

確実に、バレーボールで消費したカロリーを上回る食事量が原因でしたね。

食べるのはやめられない、でもこれ以上重量が増えるのは嫌だ!そんな思いから、オルリファストを買ってみました。

しかし、トイレ以外の場所でも、ちょっと力んだ瞬間に油が出てくるのには焦りました。

絶対にバレーボールの練習の前日には飲まないようにしてます。

一応ナプキンはしてますが、生理のときよりも大変なことになってしまうので…(こんな話ばかりですみません笑)

脂肪が減って、バレーボールのときも動きが軽くなってきました。確実に減量してきてます!ありがとうございます!

ダイエットの味方!『オルリファスト』の購入方法

通販を利用する女性減量に成功したダイエッターたちの声を聞くと、自分でもオルリファストの効果を体感したくなってきませんか?

実は、オルリファストはまだ日本で販売されていません。オルリファストは、日本国内で承認されていないジェネリック医薬品なのです。

海外に比べて、日本国内におけるジェネリックの普及率はまだまだ低く、海外で一般的に購入できても日本で手に入らないというジェネリック医薬品はけっこうあります。

では、ダイエッターのみなさんはどうやってオルリファストを購入したのでしょう?

そこでは『個人輸入』という方法が多く利用されていたようです。

 

オルリファストを日本で手に入れられる個人輸入とは?

個人輸入とは、海外の商品を個人的に輸入するという手法です。

これを利用するメリットは、まず、国内の新薬よりも安価なジェネリック医薬品を買えること。

実際に個人輸入サイトで比べてみるとわかりますが、これはかなり大きい違いです。

輸入した医薬品は自宅に届けられるので、あまり人には見られたくない医薬品をまとめて購入すれば、受け取りも楽だし送料もお得です。

もちろん、海外の医薬品を個人で輸入することは違法行為にはならないので、法律にふれることなく利用できます。

要点のみで説明すると通販に似ていますが、個人輸入と通販は厳密には違うものです。

個人輸入を利用する際にはいくつかの注意点があるので、これらを守るよう心がけましょう。

①購入したものは自分で使う

②自分で使用する分のみ購入する

③転売しない

④一度の購入の上限を超えない数にする

個人輸入で購入したものは個人の利用を目的としている場合のみ、法で認められています

『個人輸入で手に入れたものは第三者の手に渡らせない』ことを忘れないでください。

ちなみに、個人輸入には他にもいくつかデメリットがあります。

まず、輸入の一連の手続きを全て自分でこなす必要があります。

その場合、おそらく多くのサイトが海外の言語で表示されるので、海外の言語に理解がなければ手続きが難しくなってきます。

次に、海外には偽薬も多いという点です。

ただでさえ慣れない言語に対応しなければならないので、そのサイトが信用できるのかどうかの判断も一段と難しくなってきます。

また、荷物が手元に届くまでの流れにトラブルが発生した場合、その対応も自分でやるしかありません。

相手が海外の人である可能性も考えておいた方がいいでしょう。

と、このように個人輸入を利用するのはなかなか難易度が高いのです。

そこで、少しでも個人の負担を減らすために、個人輸入代行サイトの利用をオススメしています。

 

オルリファストを手にできる『個人輸入代行』とは

個人輸入代行の役割は、先程上げた個人輸入のデメリットの多くを利用者の代わりに請け負い個人輸入をより円滑に進めることです。

個人輸入代行のサイトでは海外の商品の説明文や支払手続きまで、すべて日本語で表記されています。

また、トラブルが生じた際も利用者の代わりに対応してくれるので、言語の壁に怯える必要がなくなるというわけです。

これにより、個人輸入代行サイトは、まるで国内の大型通販サイトのような使いやすさになっています。

購入手続きの流れも、国内の通販サイトとあまり変わりません。

ただ、代行サイトにもたまに偽薬を扱っているところがあるので、利用する前にサイトの特定商取引法や問い合わせ先をしっかり確認しましょう。

また、個人輸入代行においても前述した4つの注意点は重要なポイントです。

意識して、安全に安価に個人輸入を利用してみましょう!

オルリファストを飲んでダイエットを成功へ

オルリファストは、アメリカ食品医薬品局にも安全性を認められている医薬品です。

服用する人の体質や間違った用量によっては重い副作用が発生したり、オルリファストの効果が正しく表れないこともあります。

実際に服用する前に、使用方法と注意をよく確認して、不安な点があれば医師の確認をとってください。

 

通販で購入したオルリファスト飲み方

食後、1時間以内に1錠を服用します。

1日の服用上限数は3錠になっています。上限を超えないように気をつけてください。

食後1時間をすぎると、もう体内では脂肪分の分解が始まってしまうので、服用しても効果は得られません。

オルリファストの効果は、服用してから48時間以内に表れるのが平均的です。

副作用への心配などを視野に入れて、服用のタイミングを調節するのがオススメです。

 

オルリファストを使う上での注意点

ポイントを調べる女性オルリファストの最大の作用は、吸収されるはずだった脂肪分が油となってお尻から排出されるというものです。

とても効果的な作用ですが、実際に体感する際には注意点があります。

まず、油が出てくるタイミングがトイレとは限らないこと。

力んだときや気が緩んだとき、放屁したときに油が出てくる可能性は十分にあります。

もはや、服用した後は自分でお尻の調整ができません。

そのため、いつ油が出ても対処できるように、生理用ナプキンやトイレットペーパーを当てておく人が多いようです。

さらに、食事の内容によって、排出される油の量や色もかなり変わってきます。

脂っこいものを多く食べた次の日には、予想以上の油が排出されることもあるでしょう。

量によっては下着や服を汚す恐れがあるので、定期的にトイレに行くと安心です。

また、忘れてはいけないのが、この油は強めの臭いを持っているということです。

誤って下着に油を漏らし、服にまで浸透したら、気になって他のことが手につかなくなるかもしれません。

服用したら油は止められないので、定期的にトイレに行き、トイレになかなか立てない日の前日にはオルリファストの服用をひかえておくと安全かもしれません。

オルリファストの副作用は?

前述したように、オルリファストは脂肪分を体外に排出するという作用を持ちます。

このため、急な便意、軟便、腸の張りなどの副作用があらわれることがあります。

これらの副作用はオルリファストの使用を止めると解消されますが、長期化または悪化することがあれば医師に相談してください。

また、未分解の脂肪分を排出する際に、脂溶性のビタミンA,D,E,Kをいっしょに排出することがあります。

すると、体にはビタミン不足による肌荒れやドライアイ、血行不良、肩こりや生理不順などの症状が表れだします。

これらの症状をおさえるために、オルリファストを服用後に2時間以上経過してから、ビタミンサプリなどの服用をオススメします。

個人輸入代行サイトでは、オルリファストとビタミンサプリをまとめて購入する利用者も多くいます。

オルリファストを使っていい人使ってはいけない人

オルリファストの併用禁忌薬には、ミクロスポリン、経口抗凝血剤などが含まれます。

また、

・過去にオルリスタットでアレルギー症状を起こした人

・高齢の人

・妊娠中または授乳中の人

・肝疾患、腎疾患を持つ人

・熱帯性スプルー症候群

・慢性吸収不良症候群

・突発性脂肪便症

・胆石症

これらに該当する人の使用は不可となっています。

自己判断が難しく不安な人は、医師に相談して確認をとってください。

オルリファストを通販で購入する

オルリファストの画像ダイエット薬として幅広い人から高い支持を得ているオルリファスト。

そんなオルリファストを手に入れる一般的な方法は通販です。

自分が理想とするボディラインや体型を実現するために、オルリファストの力を利用して見てはいかがでしょうか。

オルリファストの購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました